ちょっと楽しみな機能があったため、夜更かししてiOS15公開と同時にダウンロードしました。

慣例的に、だいたい日本時間で2:00からの公開なのですが、今回はダウンロードできたのが2:10過ぎでした。

メジャーアップデートの時は、致命的なエラーが出ることも多いので、全部の端末をアップデートせずにiPhone と第5世代iPadPro12.9だけにしました。

ちょっと話はそれますが、今回iPhoneは買い替えしませんでした。というか、前回も買い替えしなかったのでいまだに11ProMaxのままです。

というのも、目新しいワクワクする機能があまりなく正直触手が伸びないのです。おまけに11ProMaxは端末のスピードも速く、買い替えの理由が見つからないからです。

Apple信者だった!?昔は、初代のiPhoneから全て新しいものが出るたびに新調してきました。それも昔、最近はAppleのガジェットにワクワクすることが少なくなってきたのです。

もう一つ理由があります。今まで第3世代iPadPro12.9を使っていたのですが、どうしても、2画面で楽譜表示させたくなったのです。

それで第5世代iPadPro12.9を購入しました。2台での表示のさせ方やレポートについてはまた記事にする予定です。

iOS15にはいろんな新しい機能がありますが、音楽家である私が便利だと思う機能にしぼってご紹介します。

①ロック画面からのSpotlightへのアクセス

②Safariのデザイン変更

③Sadariのリロード変更

④カメラのテキスト認識機能

⑤写真のExifデータ表示

⑥集中モード

⑦天気アプリの美麗化

⑧AirTagの進化

①まず、「ロック画面からのSpotlightへのアクセス」です。

ロック画面からロック解除し下方向にスワイプすればSpotlishtが使えます。これが便利。何かと日常でSpotlishtを多用するのでありがたいです。

②Safariのデザイン変更

アドレスバーが下に移動しました。私はリーダーを多用するので、それだけでも神アップデートです。もちろん今まで通りに上部にすることもできます。

③Safariのリロード変更、これもありがたいです。下に引っ張ればリロードできるのは猛烈に使いやすい。

④カメラのテキスト認識機能

やっとGooleに追いつきました。カメラでテキストを認識して、7つの言語(英語、中国語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、ポルトガル語、スペイン語)を翻訳することができることです。

これで苦手なフランス語の楽譜も一発翻訳(笑)性能が良ければ今後はGoogleアプリを使わずこちら一本でいけます。

⑤写真のExifデータ表示

今までできなかったのがとてももどかしかったので、やっとかという感じです。素直に嬉しいです。いつどこで撮ったか?、どの端末・機種で撮ったか?が分かるのは本当にありがたいです。

⑥集中モード

これも大変ありがたい。コンサートの時は素直に楽屋にiPhoneを置きっぱなしなので問題ないのですが、講座の時は積極的に何台もの端末を使うのでiPhoneも譜面台の上にあったりします。

そのときの通知設定が一瞬で変えられるのは本当にありがたい。

レッスンの時には受け取らなければならない通知があるのですが、使い分けるためにいちいち設定を変えるのはとても面倒なのです。

あと、コンクールの審査などで、基本的にホールに入る前に端末のスイッチは切る派なのですが、休憩時間は短いことが多いので、にiPhoneの起動に時間がかかって休憩時間を有効に使えなかったり…。

モードはいくつも作れるのでコンクールモードも作ってみようかしら。

⑦天気アプリの美麗化

サードパーティーアプリ並みに、天気アプリがきれいになりました。当分これを使ってみます。

⑧AirTagの進化、手元から離れた時に通知してくれるようになりました。曖昧だった通知のメカニズムが非常にわかりやすくなってうれしいです。出張先だけでなく、家の中でも車の鍵や、家の鍵を探すのに重宝しているので、最近のApple製品の中ではAirTagが一番買って良かった製品です(笑)

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。