高校生の頃友人とよく食べに行っていたラーメン屋さん。

古き良き昭和の味です。

良くも悪くもラーメンが値段の安いおやつだったころの飾りっ気のない味です。

今の、ラーメンとは違い滋味すら感じる納得の味。

高校生の頃は、おばちゃんがラーメンを持ってきてくれる時に、お椀を持つ親指がスープの中に浸かっていて、その親指の爪に隠し味が入っている!、という都市伝説をみんなで語っては大笑いしながら喜んでラーメンを食べに行っていました。(実際に見たことはないので、高校生のふざけた冗談でしょうが笑)

福岡県久留米市高野2丁目7−27

久々に食べる丸星ラーメン、味は今更語らずとも最高でした。

ごちそうさまでした!!

Categories:

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。