今日もCF ⅢS。

先日のCFⅢSより若い580万番台の個体。

性格はおとなしめ。

こちらは先日の個体より若いのだけれど、ちょっとお疲れ気味です。

もう少し、手を入れてもらえると良くなりそうだけど、次高音部に元気がありません。

ちょっとだけかわいそうでした。

手を入れてもらえるといいね!

YAMAHAは、本当に頑丈で我慢強い子が多いだけに、過酷な環境でもある程度鳴ってくれるのが健気な分、それを能力だと勘違いされることがあるけど、そうではないと思います。

手を入れてあげると全然違う本当に良い音で鳴ってくれるので、きちんと予算と時間を掛けて、調整をお願いしたいものです。

技術者が常に細かく手を入れ続けることが大切なのはホールのピアノも家のピアノも同じことなのですが、予算が取れないのかもしれません。

ピアノは生き物なんです。

Categories:

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。